スペシャルティコーヒーをもっと愉しむ。一杯分6g でも美味しく淹れられる「バートドリッパー」

バートドリッパーは、抽出効率を高める工夫が随所に施された画期的なドリッパー。通常一杯10g前後とされるコーヒー粉量を、6g でも美味しく淹れることができます(※当社比較)。「スペシャルティコーヒーを愉しんでほしい。」その大切な時間に寄り添う佇まいと、自由に抽出を愉しめる機能性を体験してみませんか?

休日や、一日の特別な時間に、ちょっと良い豆でコーヒーを淹れる。コーヒーのいい香りがたちはじめ、家の中がやさしさにつつまれる。「これ美味しいね。」と言われたから、もうちょっとだけ凝ってみようかなと思う。パートナーとゆっくり過ごすため、あるいは自分と向き合うために・・・。こんな情景を思い描きながらバートドリッパーは生まれました。

▍バートドリッパーとは・・・?

淹れ手がより自由に抽出を愉しめる

バートドリッパーは、円錐形ペーパーフィルターの使用を前提として、淹れ手の加減だけで抽出をコントロールします。説明をもう少し付け加えると、器具側(ドリッパーの形状、穴の数や大きさなど)で抽出スピードなどをコントロールしないとてもシンプルな構造です。その構造を突き詰めていき、ペーパーフィルターとドリッパーが接する部分を幅わずか1.5mmにしました。

さらに垂直方向だけでペーパーフィルターを支えるため、抽出されたコーヒーはどこにも留まることなく円錐の頂点から落ちていきます。お湯が素直にペーパーフィルターを通過するので、どんなふうに淹れたかがそのままコーヒーに現れます。つまり淹れ手は自由に抽出を愉しめるということです。

抽出効率アップが期待できる(1)~お湯が均等にゆき渡りやすい

抽出時にペーパーフィルターがわずかに横方向に伸びることを想定し、ペーパーフィルターにシワやたるみができにくい設計としました。これは、お湯を投入した際にペーパーフィルターにできるシワやたるみにコーヒー粉が留まることを軽減しますので、コーヒー粉全体にお湯が均等にゆき渡りやすくなり抽出効率アップが期待できます。抽出後半までペーパーフィルターのフチはきれいな円を保つので視覚的にも淹れ手はお湯の投入に集中しやすいでしょう。

抽出効率アップが期待できる(2)~簡易的な二重構造

ペーパーフィルターをセットすると、ペーパーフィルターはガラスカバーと接することなく、ドリッパー全体が簡易的な二重構造となるため、保温力も増してさらに抽出効率のアップが期待できます。

外気や器具の影響によるお湯の温度変化も抑えられるでしょう。(ガラスカバーは耐熱ガラス製ですので先にガラスカバーにお湯をかけて温めるという方法も効果的です。)バートドリッパーは器具による抽出条件の変化を最小限に留めるため、マイレシピの再現性も高めやすくなります。

▍バートドリッパーで淹れたコーヒーは美味しい?

「濃度」と「収率」

コーヒーの抽出というのは奥が深いですね。人それぞれに色んな淹れ方があって、人それぞれに正解があります。だから「美味しい」の証明はとても難しいと思います。でも、抽出に関して数値化できるものもあります。「濃度」と「収率」です。

濃度が変わることで風味の感じ方が変わります。傾向としては、
濃度が上がる ⇒ 甘み、口当たりを感じやすくなる
濃度が下がる ⇒ フレーバーを感じやすくなる

収率が変わると・・・
収率が上がる ⇒ 渋みや辛みを感じやすくなる
収率が下がる ⇒ 酸味を感じやすくなる

一般的に美味しいと言われる収率の値は、18~22%と言われています。(あくまで一般値としてです。)この値の範囲内ならばバランスが良いと言えるでしょう。

スペシャルティコーヒーを愉しむなら風味(フレーバー)を大切にしたい!濃度が低めで収率バランスが取れていると良さそうですね。そこで、少なめの粉量(=濃度が低い)で実験をしてみました!

少ないコーヒー粉量で実験。さて、収率は・・・?

通常、10g前後のコーヒー粉量で1杯分ですが、実験はあえて少ないコーヒー粉量で行い、比較用に同条件で他社製のドリッパーも実験してみました。この実験結果では、バートドリッパーは少ないコーヒー粉量でも良いとされる範囲の値が出ました!

これは、低い濃度で収率のバランスが取れていると言え、味わいでいうと、よりフレーバーを感じやすくなるということ。豆本来のフレーバーを愉しむようなスペシャルティコーヒーの抽出に最適な結果と言えます!

そして、この項の冒頭で述べた通り、「コーヒーの抽出というのは奥が深く、人それぞれに色んな淹れ方があって、人それぞれに正解がある。」でしょう!自分らしく自由に抽出を愉しむことが一番大切なことです。バートドリッパーで自分らしく自由にスペシャルティコーヒーを愉しんでみませんか!

▍バートドリッパーで試していただきたい淹れ方!

おすすめするレシピをご紹介!

ポイントは2つ!

・お湯は沸騰したものを使う

・蒸らしはかけない

とっても簡単です。

(1)市販の円錐形ペーパーフィルターをご用意ください。※舟形のペーパーフィルターはご使用になれません。

(2)ペーパーフィルターをバートドリッパーにセットし杯数分のコーヒー粉を入れます。お好みですが1杯分の粉の目安は6~10gです。

(3)沸騰したお湯をドリップポットに移してすぐに抽出開始です!豆の蒸らし工程は行わず、そのまま抽出していきます。中心よりうず状にお湯を注ぎ、ペーパーフィルターにお湯が直接かからないように!抽出時間は杯数に関係なく概ね3分以内です。

※上記の淹れ方は目安です。豆の種類、焙煎度合、挽き具合などに合わせて様々な淹れ方をお愉しみください。もちろん、一般的な淹れ方(沸騰した湯を少し冷ます⇒豆を蒸らす⇒抽出する)もお愉しみいただけます。

▍バートドリッパーで試していただきたい淹れ方!番外編 その1 緑茶

緑茶をバートドリッパーで淹れる・・・。

バートドリッパーで緑茶も淹れることができます。(※画像はコーヒーカラフェセットSを使用)茶葉は、煎茶を作る製造工程で出た粉状の切れ端を集めた「粉茶」を使用します。お寿司屋さんでアガリとして出てくるお茶です。なぜ、「粉茶」かというと、熱いお湯で茶漉しを使って湯呑みに直接淹れるからです。蒸らさずに淹れるので、バートドリッパーのレシピと全く同じ。1杯(120cc程度)に、2~3gの粉茶をバートドリッパーに入れて熱いお湯を注げばすぐに香り豊かな緑茶をいただけます。

茶漉しや急須で淹れる方法と違う点は、ペーパーフィルターを使用しますので細かい茶葉がお茶に入りません。水筒などにお茶を淹れたい時などは便利ですね。また茶殻はペーパーフィルターを捨てるだけ。後始末も簡単です。※粉茶は、粉末茶(パウダー茶)ではありません。粉末茶はお湯で溶かして飲むお茶です。

▍バートドリッパーで試していただきたい淹れ方!番外編 その2 ハーブティー

ハーブティーをバートドリッパーで淹れる・・・。

バートドリッパーでハーブティーを淹れることができます。特にルイボスティーはおすすめです。画像は、ローズヒップをブレンドした「ルイボスローズ」。ノンカフェインで美容やリラックス効果が期待できます。1杯(120cc程度)に、2~3gの茶葉です。

緑茶と同様にペーパーフィルターを使用しますので細かい茶葉がお茶に入りません。茶殻はペーパーフィルターを捨てるだけ。後始末も簡単です。

▍バートドリッパーで試していただきたい淹れ方!番外編 その3 出汁をとる

バートドリッパーでかつお出汁をとる

とっても手軽にバートドリッパーでかつお出汁がとれます。やり方は簡単。コーヒーをドリップするのと同じ要領で、花かつお5gに熱湯約180ccをゆっくり注ぐだけ。1人分のだしをパッととりたい時、汁物をササッと作りたい時、だし茶漬けを作る時、お鍋のだしが減ってきて少し足したい時などに重宝しますよ。

▍匂い移りが気にならない素材

ステンレスとガラスを基本に構成された製品ですから、匂い移りが気になりません。 丁寧に洗ってお使い頂ければ、お茶や出汁をドリップした後でも、香り豊かなスペシャルティコーヒーをお愉しみいただけます。

▍お手入れ簡単!清潔を保てます!

バートドリッパーの本体は、18-8ステンレス製。錆びにくく清潔を保てます。ガラス部は耐熱ガラス製で熱湯がかかっても割れたりしません。どちらもご使用後は食器用中性洗剤を付けた柔らかいスポンジ等で洗ってください。

ドリッパー受けはブナ材にウレタン塗装を施してあるので水気も安心。お手入れは、柔らかい布で水拭きしてください。


■製品紹介

バートドリッパー(S, M)

バートドリッパーはSサイズ(1~2杯用)と、Mサイズ(1~4杯用)がございます。

バートドリッパー専用スタンド(S, M 共通)

バートドリッパー(S, M)に合わせた専用ドリップスタンド

バートドリッパーをもっと使いやすくするために考えられた専用のドリップスタンドです。コンパクトなサイズはドリップスケールにのせるため。コーヒー粉の計量や、注湯量、注湯時間の計測が、バートドリッパーをセットしたままできます。また、特徴的な片持ちの設計で、コーヒーサーバーの出し入れも容易です。

本体は、18-8ステンレス製。錆びにくく清潔を保てます。ご使用後は食器用中性洗剤を付けた柔らかいスポンジ等で洗ってください。ベースはブナ材にウレタン塗装を施してあるので水気も安心。お手入れは、柔らかい布で水拭きしてください。

バートドリッパーS、バートドリッパーM、どちらにもお使いいただけます。

コーヒーカラフェセット(S, M)

バートドリッパーのドリッパー本体と、そのサイズに合わせたカラフェのセットです。 ※上記の画像はSサイズ。実使用容量:300mlのカラフェは1~2杯程度の量にちょうど良いサイズ。他に、Mサイズ(実使用容量:600ml 1~4杯程度)もございます。

より気軽に使えるように耐熱ガラス製のカラフェとセットにしました。洗い物も少なくなり日常使いにおすすめです。夏は氷を入れて濃いめにドリップすればアイスコーヒーも作れます!カラフェは広口で洗いやすく、製品もコンパクトな設計ですので食器棚にも収まります。匂い移りも気にならないステンレス&ガラス製ですから、コーヒー以外にも、ハーブティーを淹れたり、出汁をとったりしてもOKです。

製品のご購入はこちらまで
https://uroolee.com/view/category/slow-mellow

ゆるりと暮らす。ゆるりと生きる。

U+RooLee(ゆるり)は、株式会社シンドーのオリジナル製品ブランドです。コンセプトは『ゆるりと暮らす。ゆるりと生きる。』忙しい毎日を送る現代人に、ゆっくりとした時間を過ごしてほしい、そのきっかけになれたらと、という思いでスタートしました。豊かな心を育む時間を私たちの製品でお手伝いできたら幸いです。

uroolee.com